水平飛行揚力方程式に関する質問


6

レベルアクセラ飛行では、W = L = \ FRAC {1} {2} \ロー\ CDOT V_ {失速} $関係を^ 2 \CDOT S \CDOT C_{L、最大}$ 本から取ったDaniel P Raymer "Aircraft Design: A Conceptual Approach"式( 5.5)85ページ。

問題は、この式がなぜ $C_{l、min}$ ではなく $C_{l、max}$ を使うのですか?実際には、使用中の $C_l$ が $C_{l、max}$ ではなく、速度が $V_{stall}$ をわずかに上回っている場合( $C_{l、max}$ の値)、リフトが十分ではなく、とにかく航空機で失速が起こるということが起こります。 $C_{l、min}$ を使う場合、計算はもっと慎重になります。

+4

一部の人にとっては明らかかもしれませんが、変数を定義できますか。 11 3月. 162016-03-11 13:39:22

  0

W =航空機の重量、L =生成された揚力、ρ=空気密度、Vstall =失速時の速度、S =揚力の表面積、およびCl =揚力係数(この場合、Cl、maxは失速点での揚力係数) (@ hazzey) 13 4月. 162016-04-13 11:58:43

0

私の解釈は、単にすべてのばたつきを落とすことなく失速速度近くで飛行速度を落とそうとする人はいない、すなわち最大揚力係数です。

一般的なケースでは、この本からの抜粋を理解していれば、与えられた翼構成の失速速度を計算してその揚力係数を使用することができます。

  0

私の答えを見てください。私が現在知っていることから、私はあなたがすべてのフラップセクションを落とすことに同意しません。あなたがあなたがこの知識をどのように得たかを説明することができれば私はそれを学ぶことに熱心です。 12 3月. 162016-03-12 10:06:16


1

免責事項:私は航空の専門家ではありません、私はもっぱらあなたの論文と使われた変数についてのちょっとした研究を通してこの情報を得ました。

まず第一に私はあなたの控除に従うことはできません。 $V$ が $V_{stall}$ より高く、 $C_l$ が $C_{l、max}$ より低い場合でも、式は成り立ちます。あなたが $C_l$ であなたが減少させたものは、あなたのベロシティによって2乗されて増加します。したがって、左側全体が減少してはならず、したがって $L$ は減少してはなりません。

さらに紙は述べ​​ています

式(5.5)は、揚力が水平飛行中の重量に等しいこと、および失速速度では航空機は最大揚力係数にあることを述べている。

したがって、これは基本設計の前提というよりもむしろ控除です。そのため、与えられた $V_{stall}$ の水平飛行では、迎え角を広げなければ $V$ をそれ以上減らすことはできません。しかし、あなたはすでに $C_{l、max}$ にいるので、さらにスピードを落とすと失速する危険があります。

enter image description here

カールの答えとは矛盾しています。攻撃の角度をそれ以上広げることはできないので、パイロットは失速速度よりも遅く飛行するためにフラップを延ばす必要があります。

値は、フラップのない普通の翼では約1.2から1.5、プロペラウォッシュまたはジェットウォッシュに浸されている大きなフラップでの翼では5.0までの範囲です。

私が論文と私の研究を正しく理解しているならば、ここでの誤解はあなたが与えられた値で方程式を使い、値が互いに独立していないということを無視するという仮定の中にあります。

$C_l = \dfrac{L}{\frac{1}{2}\rho v^2S}$

$L$ を解決するように再配置されたばかりです。あなたは $C_l$ を選びませんが、実験的に決めます。reference見る

複雑な依存関係を処理する1つの方法は、依存関係を単一の変数で特徴付けることです。揚力の場合、この変数は揚力係数と呼ばれ、「C1」と表示されます。これにより、単純および複雑なすべての効果を単一の方程式にまとめることができます。

私はこれがあなたの質問にいくらかの光を当てることを願っています。

  0

ありがとうございました。しかし、エレベーターでパイロットは迎角を変えることができ、Cl = [迎角]×[Clalfa]なので、Clを選ぶことができます。私は正しいですか?(とにかく、答えとコメントのためにあらゆる体にあなたに感謝します;それらは私にとって非常に役に立ちます) 15 3月. 162016-03-15 18:46:42

  0

私が理解していることからあなたはそれを選ぶことができるけれどもそれは他のパラメータから独立していない。 。これが理にかなっていると思います。 15 3月. 162016-03-15 18:55:54


0

この本のこのセクション(5.3)を注意深く読むと、式5.5が足がかりとなることに気付くでしょう。作者は、失速速度では、C1、航空機の重量と速度の間に関係があることを指摘しています。彼は続けて式5.7でClを修正するためにリフト装置を使用する能力を概念化する。これが航空機の概念設計であることを考慮して、彼は、車両総重量、離着陸速度、および翼の揚力係数から移動するためにエンジニアが開発しなければならない関係についての洞察を提供しています。

翼の揚力係数は、後に迎角とC 1(極)との間の関係に変換され、そこから、翼を選択して様々な飛行領域にわたって揚力および抗力の最適性能を提供することができるツールに変換される。

必要な揚力の観点から式を述べるよりも、彼がそれをClのために解くように再配置したならば、式5.5がより適切に述べられたセクションの残りの部分に行くところに基づくあなたの混乱を理解します。しかし、Cl、minに関するあなたの文は、失速の定義を無視します。失速点(角度と速度の組み合わせ)では、揚力係数はいずれにしても減少します(角度の増加または減少)。そのため、飛行の最小条件(したがって最小離陸速度)は、式5.5の関係で与えられます。

https://en.wikipedia.org/wiki/Stall_(fluid_mechanics)#.E2.80.9CStall_speed.E2.80.9D